安心信頼の技術+料金

ゴミ屋敷でお困りの方へ

シークレットミッション

ケア割り

業務案内

よくある質問

片付け隊ブログ

ケータイ写真で簡単お見積り!

72hプライムサービス

ゴミ屋敷の解決、不用品の引き取り回収、引越し家財の整理などお電話一本で本日急行し 72時間以内に作業もしくは作業予定日を確定します。

プラスグッド

厳格な廃棄物の管理により、個人情報の管理・産業廃棄物の正規法的手続き・リサイクルフローによる環境負荷の低減を徹底しております。

がんばろう東北

新日本撤去株式会社は東北を応援しています。

片付け隊ブログ

お部屋片付け隊TOP > お部屋片付け隊ブログ > スタッフ

猛烈な雨に九州の被災地を思う

2016/07/15 金

天気予報では突然のゲリラ豪雨に襲われるとありましたので大分気を付けていたつもりなのですが、いざその時になってみると自然の猛威には太刀打ちできないと心底感じ入りました。

レーダーでは赤を通り越して少し黒ずむような色で強調されていた雨雲、

そろそろ事務所周辺に差し掛かるかな、と思った次の瞬間に、

ザバーーーーーッ!

バケツをひっくり返したという表現もまだ甘いくらいの、雨というよりも嵐と呼ぶ方が相応しい猛烈な雨風に襲われました。

近所のプレハブは波板が剥がれ飛び、畑の向こうに見える鉄板の囲いは見るも無残に吹き飛び、どこから飛んできたのか分からない部材のようなあれこれが道々に飛び散るありさま。

弊社でも倉庫前に置いておいた冷蔵庫が一気に横に倒れてきました。車に当たらなくて本当に良かった。

30分もすると先ほどまでの風雨が嘘のように止まり、遠くでは青空も見えてくる不思議な天気。とりあえず我々の周りでは致命的な被害はないようでまずは一安心。

報道では瞬間80mmとか100mmとか言われています、私も大げさではなく人生の中で1・2を争うくらいの猛烈な豪雨体験でした。

しかし上記の80mm100mmという数字、最近では九州の大雨に関するニュースでしょっちゅう聞いているような気がします。

九州と言えば熊本で起きた大地震の被害もまだ収まっていない場所です。梅雨前に地盤は緩んでしまいそうでなくとも地滑りなどへの対応も普段以上に神経を使わなければなりません。

そんな中でこれだけの強烈な雨、果たしてどうなってしまうのでしょうか。

正直なところ、今までは大雨と言われてもどこかピンと来ていない自分がおりました。それは自らがその大変さを身に沁みていないという未熟さから来ていたんだと、今になって思います。

1m先が見えないほどの大雨、これが30分ではなく朝から晩までずっと降り続ける。想像しただけでもぞっとします。

しかし九州の方々は、そのぞっとするような体験を我々と同じ時間軸で必死に戦っているのです。

心が締め付けられるようです。

今回身に染みた大雨への恐怖を忘れる事なく、少しでも被災された方々のお気持ちが軽くなるように、元の生活に戻れるように心よりお祈り申し上げます。

||スタッフ

成年後見人の方からのご依頼も可能です

2016/02/12 金

新日本撤去:今江でございます。

先日ですが、法律職をされている方からのご依頼がございました。自身が成年後見人をされている方のお家を片付けてほしいとのご依頼でした。

一戸建て内の全撤去をご希望されていたのですが、1階2階とも長年蓄えたゴミ屋敷状態になっており、相当な処分量があり料金も大きくかかる内容になりました。

今回は特に裁判所も絡んだご依頼になりましたので、綿密な打ち合わせと複数回のご訪問を経て、片付け作業のご発注をいただく流れになりました。

自分の家や部屋は自分で片付けるのが一般的であすが、ご自身のみでは生活がたちいかずに様々なバックアップを必要とされている方もございます。

私どもはそのようなご事情も含め、様々悩まれているお客様の一助になれるよう、日々研鑽してまいります。

||スタッフ

梅雨真っ盛り!ジメジメに負けず頑張っています!

2015/07/09 木

こんにちわ、新日本撤去:今江でございます。

只今梅雨真っ最中です。

仕事をしていても湿気が身体中をまとわりつくようで、ちょっと動くだけで不快指数がドカッと上がってきます。

カラッと暑いだけなら水分補給でなんとかやり過ごせるのですが、身体の動きも重くなっているようで嫌な季節ですね。

スタッフ一同なにくそこなくその精神で日々のお片付けを頑張っています。



お客様と雑談した中で、今年の梅雨は平年よりも長引くとお聞きしました。

梅雨前線がなかなか動いてくれず、日本列島の上で停滞したままなんだそうです。

このままだとすぐに梅雨明けしたはずの沖縄も再度梅雨に突入するとか?

そうでなくても台風が多く上陸する沖縄ですので、少し心配ですね。



6月7月はやはり他の季節よりもゴミ屋敷片付けのご相談が多いです。

皆さんこの時期は虫や臭いに悩まされているようですし、

意外に転勤などで急にお部屋を退去しなければならずどうしたらいいのか、というご相談も頂戴します。

おかげ様で近いスケジュールは繁忙をいただいておりますが、

できる限り調整してお客様のご希望に沿う形でのお片付けをご提案できればと思います。

お問い合わせだけでも結構ですので、是非とも弊社窓口までご相談くださいませ。

||スタッフ

6月は結婚式の季節です

2015/06/09 火

こんにちわ、新日本撤去:今江でございます。

先日、妻方の従姉妹の結婚式に出席してまいりました。

100人から集まる結婚式というのは壮観ですね。この規模の式は初めて参加しましたが、従姉妹ちゃんもウエディングドレスに身を包みとても綺麗でした。

さて6月はジューンブライドと言われるくらいで結婚を控える方も多くいらっしゃいますが、意外にこういった方々からのご依頼を多くいただきます。

同居するにあたり不用な家具・家電などがまとめて出てきてしまうのですが、引越の作業も考えると自分ではとても処分しきれないのですね。

中には奥さんを一度も部屋に上げてないという方もいらっしゃいます。片付けていないお部屋をとてもパートナーに見せられないとか。

しかし同居に伴う諸々には期限があります、どうしたらいいか悩まれる方も多いのではないでしょうか。

そんな時には是非とも弊社サービスをご利用ください!パートナーの方々に悟られないようにお部屋を空っぽにいたします。

勿論なんでもかんでも捨てるなんてことはありません、パートナーとの思い出の品や大事な貴重品などは全て残して新生活をスッキリした気持ちで迎えられるよう全力でサポートいたします。

女性の方からのご相談も珍しくありません、まずは一度お電話でご相談ください。

||スタッフ

平成27年度もよろしくお願いいたします

2015/04/01 水

新日本撤去:今江です。


まさに春の嵐が来襲したかのように繁忙した3月を無事終え、本日から平成27年度が新たに始まります。


設立からわき目も振らずに走ってまいりましたが、そんな中でも大きなトラブルもなく、無事に1年が過ごせたのは、


ひとえに弊社サービスをご愛顧いただいていますお客様方のお力のおかげだと思います。


本当にありがとうございます。


本年度も、前年度以上にお客様に喜んでいただけるサービスを展開してまいりますので、


ご指導・ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

||スタッフ

前回のブログから大分経ってしまいました

2015/03/16 月

新日本撤去:今江でございます。

前回ブログを書いてからしばらく時間が経ってしまいました。

3月に入ってから特にですが、やはりお引越しのシーズンを迎えているからでしょうか、規模の大きい現場や小さい現場、それぞれ多数のお客様からご注文を賜っております。

忙しさにかまけていると、気が付いたら2か月くらい放っておいてしまいました。大変申し訳ございません。

今月のスケジュールについて、これから3月後半にかけて大分埋まっておりますが、まだご案内できる日にちもございます。

日程や時間帯の相談はどうしても必要になりますが、出来る限りお客様のご希望に沿えるよう努力してまいりますので、

引越ゴミやゴミ屋敷にお困りのお客様、どうかお声がけのほどよろしくお願いいたします。

||スタッフ

不動産管理会社・大家さんからのご依頼もお待ちしています

2015/01/22 木

私ども新日本撤去:お部屋片付け隊では、不動産管理会社様や物件の大家さんからのご依頼もお待ちしています。

最近は住人の方がお部屋を片付けられず、そのままいなくなってしまったというケースも多く見られるようになりました。

そのままでは当然次の入居者も決まりませんので、家賃収入などの計画の大きな弊害になってまいります。

特にこれから春先の時期は入退去のピークを迎えますので、問題は早めに解決し次の入居者を入れられるように早急に対処しましょう!

弊社ではその他、物件売却に伴う屋内不用品全撤去などの案件も承っております。

様々なご相談に対応すべく、万全の用意を持ってお客様のご期待にお応えいたします。まずはお気軽にご相談ください!

||スタッフ

あけましておめでとうございます

2015/01/05 月

あけましておめでとうございます。

旧年中はお客様方に、大変お世話になりました。

年も変わり2015年、去年以上にお客様のためになるサービスを展開し、今まで以上に愛される業者になれるよう頑張ってまいります。

今年も一層のご愛顧・ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。


新日本撤去株式会社 スタッフ一同

||スタッフ

老人ホーム入退去時の不用品もお任せください

2014/12/24 水

老人ホームへの入退去時にも不用品は多く出てきます。

特に入居される際は、今までのお住いと違って身の回りのもののみを持っていくケースがほとんどです。

必然的に片付けないといけないものが多くなっていきますが、ご自身のお住いでないところの不用品の片付けはなかなか難しいものです。

お住いが賃貸なら退去の手続きもしなければいけませんし、公共料金の手続きやホームとのやり取り・・・。その上でお部屋に残った荷物をどうしたらいいのか、お困りになられている方は多くいらっしゃいます。

私どもは片付けのプロフェッショナルです。限られた日時やご予算の中でどのように片付ければ一番お客様、ひいてはご本人様のためになるのか、最大限に知恵を絞り様々なご案内をさせていただいています。

ホーム入居されるご本人様のケアは非常に大事なことだと思います。私どもがお手伝いをすることで、身内の方々に時間的な余裕ができ、これから入居されるご本人様が少しでも心を軽くして新しい生活に移れるよう力を割く事ができます。

どうかお一人や身内の方々の中だけで悩まず、一度私どもの窓口までご相談ください。

「片付け隊さんに頼んでよかったよ」と一人でも多くのお客様に喜んでいただけるよう、最大限努力させていただきます。

||スタッフ

ご遺品整理の葛藤

2014/12/10 水

ご遺族の中でも、身内の方々が生前使われていたものの処分される事に気が進まない方は多くいらっしゃいます。

特にお客様ご自身が子供の頃から使っていた家具などの処分はなかなか積極的になれないものです。

とはいえ、普段使いしないものまで全て残されるのも、なかなか現実的ではありません。

私たちにご依頼されるお客様の中には、

「自分で処分するのは気持ち的にちょっと・・・」

と言って私どもにご依頼されるかたもいらっしゃいます。

長年使い親しんできた家具や道具を、ご自身で処分されるのは気が引けるのだそうです。

私自身も両親を亡くした後、長年使ってきた家具の処分をする際は、

分かっていてもグッと来るものがありました。

住宅事情が許しさえすれば、なんだって残しておきたいのは当然の事ですが、

それがなかなか許されない時代になっています。

故人や思い出を大事にする気持ちが、このような葛藤を生んでしまうとは皮肉なものです。

||スタッフ

123

カレンダー

カテゴリー

RSS

ページ上部へ